競技団体、3割が被害を認識 性的画像問題でアンケート

全国・世界 主要 スポーツ スポーツその他
twitter facebook

 アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題で、夏季、冬季五輪で実施される競技を統括する41団体のうち3割超の14団体が被害を認識していたことが21日、共同通信のアンケートで分かった。問題を把握した時期は7団体が10年以上前と回答。陸上や体操、テニスなど10団体は選手や関係者から実際に相談を受け、対策を求められていた。スポーツ界で長年続く問題の根深さが浮き彫りになった。

 11月上旬から中旬に行ったアンケートでは、41の国内競技団体(NF)から回答を得た。今後の対策として、2団体が選手に聞き取り調査を実施する方針を示し、15団体が検討していることも判明した。

 アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題で、JOCなど7団体が発表した共同声明をデザイン化したボード。右奥から3人目は記者会見するスポーツ庁の室伏広治長官=13日、文科省

レコメンドニュース

関連記事

全国・世界 主要 スポーツ スポーツその他