自転車で行くぞ!日本海 佐久地域の小中学生挑戦

長野県 社会 主要
twitter facebook

 佐久地域の子どもたちが自転車で新潟県上越市を目指すイベント「日本海までチャリ旅CAMP」(南相木村故郷(ふるさと)ふれあい公社主催)が21日、始まった。小中学生5人が保護者に見送られながら「行くぞ」と元気よく、佐久市の道の駅「ヘルシーテラス佐久南」を出発。2泊3日の日程で約130キロ離れた目的地を目指す。

 同公社は南佐久郡内で年間を通してさまざまなキャンプイベントを企画し、岩登りや雪遊び、洞窟探検などを体験する催しを開催。今回は普段暮らす地域を離れることで地元により愛着を持ってほしい―と初めて日本海を目的地とするイベントを企画した。

 子どもたちは同行する公社職員のサポートも受け、公園でのテント宿泊を経験しながら上越市を目指す。初日は千曲市まで駆け抜けた。2日目に県境を越え、3日目に目的地のなおえつ海水浴場(上越市)に到着する予定だ。

 南牧村南牧南小学校5年の土屋惺太郎(せいたろう)君(11)は「友達をたくさんつくって、楽しく走りたい」と意気込みを語り、力強くペダルをこいで出発した。

新潟県上越市を目指し、佐久市を自転車で出発する子どもたち

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要