上田西高の高寺、阪神と仮契約

長野県 スポーツ 主要
twitter facebook

 プロ野球の阪神からドラフト7位で指名された上田西高の高寺望夢内野手が21日、長野市内で平塚克洋スカウトら球団関係者と会い、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約を結んだ。

 契約後に報道陣のオンライン取材に応じた高寺は「早い段階で1軍に上がれたらいい」と抱負を語った。平塚スカウトも「(1軍デビューは)早いにこしたことはない。全てでレベルアップが必要だが、(持ち味の)スピード感は維持してほしい」と期待していた。

 高寺は阪神が指名した9選手(育成1人を含む)の中では唯一の高校生。今季は高卒2年目の小幡竜平内野手が54試合に出場しており、「まずはプロでも通用する守備力をつけたい。自分も(小幡のように)なれるように頑張りたい」と気持ちを高めていた。

 高寺は12月7日に正式契約を結び、入団発表に臨む予定。(金額は推定)

阪神と仮契約を結んだ高寺望夢(球団提供)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 主要