J2 松本山雅、守備戦術徹底で2連勝

長野県 スポーツ サッカー
twitter facebook

 明治安田J2第35節第1日は21日、松本市のサンプロアルウィンなどで10試合を行い、松本山雅は岡山に1―0で勝った。今季2度目の2連勝で勝ち点42に伸ばし、19位から17位に浮上した。

 両チームとも前節から先発1人を入れ替え、松本山雅は鈴木が2試合ぶりに先発復帰して中盤の左に入った。けがから復帰したジャエルが12試合ぶり、高橋が6試合ぶりにメンバー入りし、ともに後半から途中出場した。

 松本山雅は前半18分、鈴木が高い位置で奪ったボールをカウンター攻撃につなげ、杉本の左クロスを遠いサイドのセルジーニョが左足で決めて先制した。後半22分の岡山の決定機をGK村山の好セーブで防ぐなど、守備陣が最後まで岡山に得点を与えず、3試合ぶりの無失点でリードを守りきった。

 首位の徳島は京都に敗れ、2位の福岡は山形と引き分け。千葉に勝った3位の長崎が福岡との勝ち点差を3に詰めた。

 第36節は25日で、松本山雅は長崎県諫早市で長崎と対戦する。

松本山雅―岡山 後半、自陣ゴール前で相手FWとボールを奪い合う松本山雅・橋内(中央上)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ サッカー