紅梅 雪まとい、穏やかな空に 飯田

長野県 社会 花・紅葉だより
twitter facebook

 前日の雪から一転、穏やかに晴れた飯田市座光寺の元善光寺で13日、境内の紅梅が雪をまとって咲いていた。深い紅色の花びらは、爽やかに広がった青空と、日差しを受けて輝く雪と鮮やかなコントラストを描き出していた。

 南岸低気圧による降雪で、境内は3センチほど雪が積もっていた。駐車場脇に1本だけある紅梅は年明けに咲き始め、今は5輪ほどが開花。白梅も咲き始めており、境内で樹木の剪定(せんてい)や清掃を担う城倉(じょうくら)良郎さん(70)によると、開花は例年より2週間早い。2月上旬に見頃を迎える見通しという。

 城倉さんは「咲いているなんて気付かなかった。今年は早いね」と驚いた様子。境内はしばらくすると黄色い花びらのロウバイが開花し、春に向かって彩りを増す。

雪をまとって咲く元善光寺の紅梅=13日午前10時55分、飯田市座光寺

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 花・紅葉だより