〈社説〉補正予算の可決 現状直視しない拙速審議

 拙速のそしりを免れないだろう。

 衆院がきのう、19兆円超の経済対策を盛り込んだ本年度の3次補正予算案を可決した。

 閣議決定は昨年12月15日だ。新型コロナウイルスの急激な感染拡大と、緊急事態宣言の再発令を想定していない。観光支援事業「GoToトラベル」の延長や国土強靱(きょうじん)化関連などに…