「御神渡り」調べ温暖化に迫る 歴史気候学者が600年分の文書解析

長野県 社会 主要
twitter facebook

 諏訪湖を覆う氷が割れてせり上がる「御神渡(おみわた)り」に関する文書を600年近くさかのぼって解析…

(残り:1064文字/全文:1115文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

2018年、5季ぶりに出現した御神渡りを前に拝観式を行う八剣神社の宮司ら=同年2月5日、下諏訪町
氷が張らず波立つ諏訪湖=31日午前6時50分、諏訪市
八剣神社が所有する御神渡りなどの記録「湖上御渡注進録」

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要