心ない声 苦しんだ日々 中野の夫妻、クルーズ船の旅から1年

長野県 社会 新型コロナ
twitter facebook

 「この1年はいったい何だったんだろうと思う」。中野市の松本深雪さん(76)は、繰り返した。夫の毅(つよし)さん(76)と昨年出掛けたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の旅。712人が新型コロナウイルスに感染し、14人の死亡が確認された。集団感染のため船内に16日間隔離され、陰性だったのに帰宅後も心ないうわさに苦しめられた。

(残り:1618文字/全文:1783文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 新型コロナ