県内あすにかけても大雪恐れ

長野県 社会 主要
twitter facebook

 県内は17日から18日にかけて、強い冬型の気圧配置の影響で各地でまとまった雪が降った。長野地方気象台によると、18日午前10時時点の積雪量は野沢温泉135センチ、小谷124センチ、飯山98センチなど。気象台は19日にかけても県北部を中心に大雪の恐れがあるとし、路面の凍結や交通障害に注意を呼び掛けている。

 18日朝、長野市上松の交差点には通勤時間帯も路面に雪が残り、慎重に運転する車が目立った。近くの街路樹は枝先まで雪化粧。学校や会社に向かう人が寒さに身を縮めながら行き交った。

 気象台によると、18日夕方から19日明け方にかけて気圧の谷が通過する影響で再び雪が強まる可能性がある。19日正午までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、中野飯山地域35センチ、大北地域山沿い30センチ、長野地域山沿い25センチ、乗鞍上高地地域、上田地域菅平周辺各15センチ、松本地域聖高原周辺、木曽地域、下伊那地域各10センチの見込み。

積雪した長野市内。上松の交差点は通勤時間帯、のろのろ運転の車で混雑した=18日午前8時49分

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要