県内4月上旬~5月上旬並みの陽気 23日は一転寒く

長野県 社会 主要
twitter facebook

 県内は22日、各地で4月上旬~5月上旬並みの陽気となった。大町、立科、諏訪、木祖薮原、原村の最高気温はそれぞれ18・0度、19・4度、17・7度、16・0度、17・1度で、2月として観測史上最高を更新。上田21・1度、佐久20・9度など23地点では今年最高を記録した。一方、23日は冬型の気圧配置が強まるため、陽気は一転、寒くなる見通しだ。

 長野地方気象台によると、この日の県内は南からの暖かい空気に覆われた。日本海上の低気圧に向かい、太平洋上の高気圧から暖かい空気が吹き込んだという。

 23日は低気圧が東に抜け、冬型の西高東低の気圧配置が強まるという。県内は所により雪や雨で、23日午後6時までの24時間予想降雪量は北部10センチ、中部5センチ、南部3センチ。

上着いらず―。滑り台で遊ぶ子どもたち=22日午後1時21分、下諏訪町のみずべ公園

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要