箕輪の妻子殺害 懲役28年 パキスタン人に判決

長野県 社会 主要
twitter facebook

 上伊那郡箕輪町の集合住宅で2019年11月、妻と息子2人を殺害したとして殺人罪に問われたパキスタン国籍で住所不定の無職シャザダ・ホラム被告(50)の裁判員裁判判決公判は25日、地裁松本支部であり、高橋正幸裁判長は、被告に責任能力があったとして懲役28年(求刑懲役30年)の実刑判決を言い渡した。

(残り:1418文字/全文:1566文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要