一時失踪実習生に在留許可 東京入管、異例の対応

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 昨年春の新型コロナウイルス感染拡大以前に受け入れ企業から失踪し、不法滞在状態の元技能実習生ら約40人のベトナム人に対し、東京出入国在留管理局が90日間の「在留特別許可(在特)」を出し、週28時間以内のアルバイトを認めたことが1日、信濃毎日新聞の取材で分かった。

(残り:1600文字/全文:1731文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

日越ともいき支援会に保護されたベトナム人の若者たち。チュオンさん(右から3人目)ら約40人に在留特別許可が出た=2月、東京都内

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス