「ふじ塚古墳」から室町時代の和鏡 経塚の性格 解明期待

長野県 主要 社会
twitter facebook

 県埋蔵文化財センター(長野市)の発掘調査で、「ふじ塚古墳」と呼ばれる諏訪郡下諏訪町の中近世の経塚か…

(残り:720文字/全文:771文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

ふじ塚古墳の発掘調査で出土した室町時代の和鏡(県埋蔵文化財センター提供)
ふじ塚古墳の発掘調査で出土した和鏡のエックス線写真。鳥や松などの絵柄が浮かび上がった(県埋蔵文化財センター提供)
ふじ塚古墳の発掘調査で、盛り土の底面から見つかった和鏡や素焼きの器かわらけ(県埋蔵文化財センター提供)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 主要 社会