一茶、大商人に冷ややかな目 直筆の句 新たに3点

長野県 社会 主要
twitter facebook

 江戸時代の俳人・小林一茶(1763~1827年、信濃町出身)が詠んだ俳句が8日までに新たに3点見つ…

(残り:634文字/全文:685文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

掛け軸に載った一茶の句を解説する矢羽さん

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要