県北部地震10年 変わる景色 変わらぬ志

長野県 社会 県北部震度6
twitter facebook

 ほこりが薄く覆っているものの、3時59分を指した針の下は汚れていない。下水内郡栄村栄小学校の時計。2011年3月12日午前3時59分ごろに震度6強を観測した県北部地震で、壁から落ちた。

(残り:1287文字/全文:1380文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

県北部地震が起きた午前3時59分を指したまま止まった時計。防災学習のため、非常食などと一緒に展示された=3日、栄村の栄小学校
地震で崩れ落ちた2011年3月12日のスノーシェッド(左)。3日、修繕された中央上部は色と形状で分かった(右)=栄村
避難所だった旧北信小学校のオープンスペース。机の間隔を空け、1年生が算数の授業を受けていた=3日、栄村の栄小学校
居住世帯が2世帯に減った坪野集落=3日、栄村
坪野集落の実家で震災当時を振り返る斉藤望美さん=3日、栄村

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 県北部震度6