五色のメビウス 第3部・日系労働者受け入れ30年⑥ 「両国に貢献」2世の決断

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 1992年12月に妻、長男と3人で始めた宇根良和(うねよしかず)さん(73)=伊那市前原=の日本での生活。45歳でブラジルを出発する前は「2年で稼いで帰る」つもりだったが、半年後には早くも「計画変更」を余儀なくされた。

(残り1741文字/全文1851文字)

この記事は銀鍵記事で公開から309日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
勇治さん(左)ら4世代が集まった宇根さん一家。(右から)マリアさん、あいらちゃん(手前)、レナンさん(奥)、良和さん、フェルナンドさん=2021年1月2日、伊那市前原

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス