五色のメビウス 第3部・日系労働者受け入れ30年⑧ 派遣と実習生 進む「併用」

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 バブル崩壊後の1995年、旧日経連(現経団連)は研究報告書「新時代の『日本的経営』」で多様な働き方を提言した。その柱の一つが、経営など基幹部門に属する社員以外は有期契約の非正規労働者を活用する―との将来像提示だ。

(残り1776文字/全文1883文字)

この記事は銀鍵記事で公開から307日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
ブラジル人の減少で2012年の第14回で最後の開催となった上田市の「ブラジル田舎祭り」(右上)、派遣された日系ブラジル人らが働く04年当時の工場(左上)、飯島町の南信精機製作所で製造機器を操作するベトナム人技能実習生(下)=2021年2月2日

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス