長沼城実在 遺構を発見 長野市埋文センター「縄張り図」の場所で

長野県 社会
twitter facebook

 2019年10月の台風19号災害で決壊した長野市穂保の千曲川堤防近くで、戦国武将武田信玄(1521~73年)ゆかりの長沼城の遺構が確認されたことが28日、市埋蔵文化財センターの調査で分かった。

(残り:849文字/全文:946文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

重機で穴を掘り、長沼城の痕跡を探した発掘作業員ら=2020年10月、長野市穂保(長野市埋蔵文化財センター提供)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会