【速報】県内聖火リレー 軽井沢をスタート

長野県 スポーツ
twitter facebook

 県内14市町村を巡る東京五輪の聖火リレーが1日、始まった。福島、栃木、群馬に続き4県目。スタート地点の北佐久郡軽井沢町の風越公園アイスアリーナでは午前8時20分ごろ、2018年平昌五輪のカーリング男子代表、両角友佑選手が出発した。1日は、佐久市、下高井郡山ノ内町、上田市、同郡野沢温泉村、北安曇郡白馬村を巡り、長野市役所の「桜スクエア」にゴールする。

 2日は飯田市上郷小学校グラウンドを出発。木曽郡南木曽町、伊那市、諏訪市、大町市、安曇野市で聖火を巡り、松本城西側の松本市営開智大型臨時駐車場にゴールする。

軽井沢町でスタートした県内聖火リレー。第1走者の両角友佑さん(左)が次走者に引き継いだ=1日午前8時32分
軽井沢町の出発式でトーチに点火する藤巻進軽井沢町長(左)と第1走者の両角友佑さん=1日午前8時19分、軽井沢町の風越公園アイスアリーナ

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ