デジタル改革法案、衆院通過 マイナンバーの利用拡大

全国・世界 政治
twitter facebook

 デジタル庁創設を柱としたデジタル改革関連5法案は6日、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。約60の法律を束ねており、マイナンバーの利用拡大や、はんこが必要な行政手続きの削減などを盛り込んだ。政府、与党は国民の暮らし向上につながるとして、月内の成立を目指している。

 デジタル庁は9月1日、職員500人規模で発足する予定。新型コロナウイルス対応の10万円給付が遅れたのを教訓に、国や自治体の情報システムを改善する。

 給付の迅速化に向け、受け取り用の預貯金口座をマイナンバーと一緒に事前登録できる制度を創設する。

 衆院本会議に臨む平井デジタル改革相=6日午後

レコメンドニュース

関連記事

全国・世界 政治