コロナ緊急度示す新指標導入へ 西村氏、対策を自動強化

全国・世界 経済 経済その他 新型コロナ
twitter facebook

 西村康稔経済再生担当相は6日、共同通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染状況が悪化して一定の条件を満たせば自動的に対策を強化する「サーキットブレーカー」と呼ばれる仕組みを導入する考えを明らかにした。緊急度を示す新しい指標を設け、飲食店への時短要請などを迅速に行う材料とする。具体的な内容は新型コロナ感染症対策分科会で専門家の意見も聞いて検討する。

 複数の関係者によると、新指標では「若者の感染者数」を新たに監視することが候補として挙がっているという。流行の初期段階では感染者数に占める若者の割合が高まる傾向にあるためだ。

 インタビューに答える西村経済再生相=6日、東京都千代田区

レコメンドニュース

関連記事

全国・世界 経済 経済その他 新型コロナ