〈五色のメビウス〉外国人へ「働き掛けルート」 新型コロナ関連情報提供へ県が対応方針

長野県 政治 五色のメビウス
twitter facebook

 日本語の理解が難しい外国人住民への新型コロナウイルス関連の情報提供を巡り、県は外国人コミュニティーや就労企業など提供先を確かめ、庁内の担当部署を割り振る「対応方針」を初めてまとめた。

(残り1283文字/全文1375文字)

この記事は銀鍵記事で公開から288日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
タイ料理店内の机を消毒する宮川ラビアさん(右)。アクリル板設置やアルコール消毒でコロナ対策を徹底している=3月16日、上田市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 五色のメビウス