五色のメビウス 第4部・新型コロナ直撃⑤ 届かぬ普通の日本語

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 「あまり読まないで、全部捨てちゃった。難しい日本語は読めないから」

 小諸市の市街地でスナックを経営するタイ出身の40代女性ダオさん(仮名)がそう話すのも、もっともな面がある。

(残り1648文字/全文1737文字)

この記事は銀鍵記事で公開から282日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
雇用調整助成金について日本語で書かれた書類を自宅で見せるダオさん。県と市から配られた新型コロナ関連の書類はあまり読まなかったという=2021年3月17日、小諸市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス