<五色のメビウス>「入管怖いから接種できない」

長野県 社会 五色のメビウス 新型コロナ
twitter facebook

 「ワクチンは欲しいけれど、難しいと思う」。タイ出身で在留期間を超えて滞在する東信地方の50代女性が17日までに、長期連載「五色(いつついろ)のメビウス」取材班に切実な声を寄せた。

(残り1932文字/全文2022文字)

この記事は銀鍵記事で公開から279日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
長野市の日系ブラジル人2世の譜久里(ふくさと)一雄さん(左)、チエコさん夫妻には、新型コロナワクチン接種券とお知らせが届いた。日本の永住権があり、同市に住民登録している。一雄さんは「かかりつけ医で接種して、まだまだ人生を楽しみたい」と話す=14日

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 五色のメビウス 新型コロナ