青木のヘリ不時着事故きょう1ヵ月 警告灯1、2分後、エンジン停止

長野県 社会 主要
twitter facebook

 小県郡青木村で民間ヘリコプターが不時着した事故で、エンジンの異変を知らせる警告灯が作動し、操縦士が出力を下げた1、2分後にエンジンが停止していたことが22日、関係者への取材で分かった。

(残り:1336文字/全文:1429文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

上田署で行われた検証で機体から取り外されたエンジン=14日、上田市
 

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要