五色のメビウス 第5部・深い闇、技能実習から特定技能へ③ 特定技能「もうからない」

長野県 社会 五色のメビウス
twitter facebook

 ベトナムと日本の地図に両国の時刻を示した時計がある。時差は2時間。2020年11月、首都ハノイのある「送り出し機関」事務所で午後6時、日本の午後8時ごろから、ベトナム人の若者3人が日本企業側とのオンライン面接に臨んでいた。3人は日本での技能実習を修了して帰国。今度は「特定技能」資格で働くことを目指している。

(残り1647文字/全文1802文字)

この記事は銀鍵記事で公開から268日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
日本企業のオンライン面接で、「特定技能」での採用を希望する元技能実習生の通訳をするズンさん(右)=2020年11月、ベトナム・ハノイ(一部加工)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 五色のメビウス