五色のメビウス 第5部・深い闇、技能実習から特定技能へ⑥ 受け入れ先に「嫌われた」

長野県 社会 五色のメビウス
twitter facebook

 「給料が口座に振り込まれない」。技能実習生のベトナム人女性6人の訴えが発端だった。

 2019年12月中旬、長野県南部にある監理団体事務所にいた監理責任者の日本人男性(54)にベトナム人通訳の女性が耳打ちした。

(残り1919文字/全文2025文字)

この記事は銀鍵記事で公開から261日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
技能実習生(左から2人目)の通院に付きそう県南部の監理団体の職員男性(左)。この監理団体では実習生への支援の一環で行っている=2021年3月12日、県南部で

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 五色のメビウス