五色のメビウス 第5部・深い闇、技能実習から特定技能へ⑦ 追い込まれ失踪 「大罪か」

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 「実習の内容もお金も最初の約束と違う」。大分県の農場での技能実習が始まって数カ月たった2019年春。中国人実習生の劉華さん(42)=仮名=は、農場を訪れた監理団体の30代後半の中国人女性に意を決して伝えた。

(残り1805文字/全文1909文字)

この記事は銀鍵記事で公開から260日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
手をつないで歩く劉さん(左)と佐藤さん夫婦。劉さんは「約束通りの仕事なら逃げなかった」との思いを持ち続けている=2021年2月20日、上田市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス