エコ登山、残すのは足跡だけ 飯田・遠山郷の構想始動

長野県 社会 主要
twitter facebook

 南アルプスの中で「遠山郷」と呼ばれる飯田市上村・南信濃の山域を世界水準の「エコ登山」エリアとする構想が、本格的に動きだした。推進役の一般社団法人「南信州山岳文化伝統の会」メンバーらの一行が、2日までの1泊2日で「登山基地」となるキャンプ場を設営。記者も同行し、自らの排せつ物も含めてごみを一切出さないエコ登山の魅力や課題の一端に触れた。

(残り:1407文字/全文:1576文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

面平のキャンプ場に設営したトイレ専用のテント。中に便座を置き、ポリ袋に用を足して持ち帰る=1日午後2時20分、飯田市

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要