信濃、福島に逆転負け 群馬と同率首位

長野県 スポーツ 主要 BCL
twitter facebook

 ルートインBCリーグは2日、伊那市の伊那スタジアムなどで4試合が行われ、信濃グランセローズは同じ中地区の福島に5―7で逆転負けした。群馬が勝ったため、同率首位。通算成績は4勝3敗1分け。

 信濃は1点を追う七回、1死二、三塁から小西の中前適時打で逆転すると、その後の2死一、三塁から山本の内野安打でリードを広げた。しかし、八回に3番手の吉原が1点を失うと、九回には抑えの佐々木が2死無走者から2点本塁打を含む3連打を浴びた。

 信濃は3日、神奈川県平塚市のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで東地区の神奈川と対戦する。信濃の予告先発はクインティン。

九回福島2死二塁、大泉(右)に左越え本塁打を浴びて肩を落とす信濃の佐々木(中央)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ 主要 BCL