受診時の手話 遠隔通訳 新型コロナ想定 県が新システム

長野県 政治 社会
twitter facebook

 耳の不自由な人が新型コロナウイルスに感染したり、感染が疑われたりした際、保健所や医療機関での意思疎通を補助するため、県は今春、「遠隔手話通訳システム」の本格運用を始めた。

(残り:1168文字/全文:1254文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 政治 社会