養護先の虐待 里親ら対策委 県内連合会 性的行為疑い事件受け

長野県 社会
twitter facebook

 児童相談所などで一時保護された子どもを養育する県内の養護先で、立場を利用して子どもに性的行為をしたとして、50代男が監護者性交の疑いで県警に逮捕され、その後に起訴された事件で、県内の里親でつくる県里親会連合会(松本市)が再発防止を図るための「虐待防止対策委員会」を発足させたことが3日、取材で分かった。

(残り:600文字/全文:752文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会