<五色の風景>宿舎で調理 故郷ベトナムの味

長野県 社会 主要 五色のメビウス
twitter facebook

 食欲をそそるヌクマム(魚醤(ぎょしょう))の香りが辺りに漂ってきた。ベトナム人技能実習生4人が午前10時すぎ、南佐久郡川上村居倉の宿舎台所で昼食の準備を始めた。

(残り473文字/全文555文字)

この記事は銀鍵記事で公開から259日が経過しています
  • 無料会員はお試し枠を使用して読むことができます
  • ウエブ会員、併読会員、単独会員はそのまま読むことができます
現在、あなたはログインをしていません
会員種別について
未ログイン
公開が14日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事は読むことができません
無料会員
公開が60日以内の無料記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月5本)を使用して読むことができます
ウェブ会員
公開が365日以内の無料記事、銀鍵記事を読むことができます。それ以外の記事はお試し枠(月10本)を使用して読むことができます
単独会員
無制限で記事を読むことができます
併読会員
無制限で記事を読むことができます
遠藤さんの宿舎台所で春巻きを作るタンさん(手前右)ら=4月30日午前11時、川上村居倉(〓(季の子が人)弘樹撮影)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 五色のメビウス