G7外相、専制主義に対抗 中ロ念頭、民主主義国が結束

全国・世界 主要 国際
twitter facebook

 【ロンドン共同】先進7カ国(G7)外相会合が3日、ロンドンで開幕した。本格討議初日の4日は中国やロシア情勢が主な議題。バイデン米政権が「専制主義」と見なす両国に、結束して対抗姿勢を示せるかが焦点だ。北朝鮮非核化や人権問題のほか、最終日の5日にはインド太平洋地域の民主主義国もゲスト参加し、新型コロナウイルスや気候変動対策で連携強化を目指す。

 G7外相会合は1月のバイデン政権発足後初めて。5日に共同声明を発表する。

 3日は夕食を兼ねて北朝鮮やイラン情勢を討議し、北朝鮮の核問題解決を目指して国連安全保障理事会決議の完全履行が必要との認識を共有した。

 G7外相会合で記念撮影する各国外相ら。2列目中央は茂木外相=4日、ロンドン(AP=共同)
 ロンドンで開かれているG7外相会合=4日(ゲッティ=共同)

レコメンドニュース

関連記事

全国・世界 主要 国際