昭和東南海地震 諏訪の被害検証 信大研究室 初の詳細調査

長野県 社会 主要
twitter facebook

 1944(昭和19)年の昭和東南海地震で大きな被害を受けた諏訪地域について、推定される震度や被害分…

(残り:881文字/全文:932文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

信州大が作った下諏訪町の震度分布図。諏訪湖や河川の周辺で揺れが大きい。緑は氾濫平野、黄は扇状地、水色は湿地、オレンジは段丘面

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要