温暖化加速で信州農業苦慮 高原野菜も稲作も 影響広がるとの予想も

長野県 経済 社会
twitter facebook

 今春の桜の開花日が各地で最も早い記録を更新するなど温暖化が加速する長野県。高原野菜の産地として知られる八ケ岳山ろくでは特産のレタス栽培が高温対策を迫られ、コメの品種転換を進める農協もある。

(残り:1842文字/全文:1937文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

レタスの作付けの準備が進む畑=4月26日、南牧村野辺山

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 社会