〈2022御柱〉異例の伐採 速く静かに 諏訪大社下社

長野県 社会
twitter facebook

2022年諏訪大社御柱祭に向けた下社の御柱用材の伐採が10日、諏訪郡下諏訪町の東俣国有林で行われた。新型コロナウイルス感染防止対策で…

(残り:1046文字/全文:1113文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

「春宮一」の御柱用材を伐採する氏子たち。新型コロナの感染対策のため参加者を絞って行われた=10日午前、下諏訪町(諏訪大社提供) 
2022年諏訪大社御柱祭に向けて「秋宮一」の御用材に斧入れをする氏子=10日、下諏訪町の東俣国有林(諏訪大社提供)
「春宮一」の御柱用材の伐採を終え、感想を話す伐採長の熊崎さん=10日午後4時23分、諏訪大社下社秋宮

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会