養護先性的虐待事件 段階ごとに検証へ 県の検証委が初会合

長野県 社会
twitter facebook

 里親経験者らが子どもを預かる県内の養護先で、立場を利用して子どもに性的虐待をしたとして、50代男が監護者性交の疑いで県警に逮捕され、同罪や児童福祉法違反の罪で起訴された事件を巡り、県社会福祉審議会下部組織の重大被措置児童虐待検証委員会は11日、児童虐待の防止や検証に向けた初会合を県庁で開いた…

(残り:1507文字/全文:1655文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

検証委員会の初会合であいさつする野中祥子・こども若者局長(中央奥)=11日、長野市の県庁

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会