「苦しい日常を忘れられるような芸術を」 3年ぶりのまつもと大歌舞伎へ 勘九郎さんら抱負

長野県 社会 主要
twitter facebook

 松本市のまつもと市民芸術館で6月17~22日に開く「信州・まつもと大歌舞伎」の公演を前に、主役を務める歌舞伎俳優中村勘九郎さん、中村七之助さん、尾上松也さん、演出・美術を担当する同館総監督の串田和美さんが11日、オンラインで記者会見した…

(残り:577文字/全文:697文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

シアターコクーン(東京)の舞台セット上からオンラインで意気込みを語った(右から)串田さん、中村勘九郎さん、七之助さん、尾上さん(c)松竹

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要