軽井沢に有名店が続々 コロナ後見据え つるとんたん、サダハル・アオキ…

長野県 経済
twitter facebook

 北佐久郡軽井沢町で、大都市圏で飲食店を展開する複数の企業が新規出店や事業の拡充を計画していることが、11日分かった。新型コロナウイルス収束後を見据え、知名度を武器に地元と観光客の需要獲得を狙う。首都圏から移住者が増えていることも…

(残り:906文字/全文:1022文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

「つるとんたん」の開店に向け、改装工事が始まった建物(正面)。左奥は旧軽井沢銀座通り=11日、軽井沢町
「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ・カルイザワ」の建物。建物の右側に飲食スペースを増設する=11日、軽井沢町

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済