北ア槍ケ岳遭難 3人の死因は低体温症 天候急変対応できず?

長野県 社会
twitter facebook

 大型連休中の4日、北アルプス槍ケ岳で3人の死亡が確認された遭難事故で、3人の死因は滑落した1人を含めていずれも低体温症だったことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

(残り:943文字/全文:1028文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

槍ケ岳で遭難者の救助へ向かう県警山岳遭難救助隊員=4日午前10時53分、松本市(県警提供)

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会