大鹿の水源 リニア工事の影響は

長野県 社会
twitter facebook

 リニア中央新幹線で南アルプスを貫くトンネル工事によって静岡県の大井川の流量や地下水に影響が出ることを懸念する川勝平太知事と、JR東海の金子慎社長の交渉が決裂、品川―名古屋の2027年開業が事実上困難になってから1年近くになる。静岡県と隣接し南アルプストンネルの作業用トンネルなどの掘削工事が進む下伊那郡大鹿村でも水資源を含む自然、生活環境への影響を注視する人たちがいる。

(残り:905文字/全文:1091文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

牛の水飲み場で水量を確かめる三池さん。以前はもっと多かったという=18日、大鹿村

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会