五色のメビウス 第6部・彼女たちの孤独① 「甘くない」現実は違った

有料会員記事
特別養護老人ホームで働く中嶋さん。夫の急死後、地元周辺の工場などを転々とし、生計を立ててきた=4月25日、駒ケ根市

 同じように駒ケ根市に住むフィリピン人の「ママ友」の家で開かれた誕生日会に出てから午後6時すぎ、6歳の長女を連れてバタバタと帰宅した。「ただいま」。2階の寝室にいるはずの夫に声を掛けた。いつもの返事がない。「どうしたんだろう」

あわせて読みたい