小中学生1人1台タブレット端末 活用初年度 持ち帰る取り組みが進まない理由は…

長野県 社会 主要
twitter facebook

県教育委員会が非常時のオンライン授業を想定し、タブレット端末の持ち帰りや事前準備を進めるよう市町村教委などに通知しているが、県内では実施例が少ない。とりわけ人口規模が大きく、小中学校数が多い長野市や松本市は…

(残り:2361文字/全文:2465文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

タブレット端末を使い、自宅でオンライン授業を受ける白馬中の生徒=5月19日
生徒のいない教室でオンライン授業をする白馬中教員=5月19日

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要