肉量は通常の10倍 裏メニュー「メガ馬鹿(うましか)」バーガー 上田道と川の駅

長野県 社会
twitter facebook

 上田市の「上田道と川の駅おとぎの里」が販売している馬と鹿の肉を使ったハンバーガーの裏メニューで、肉の量が通常の10倍、重さ1キロ以上の巨大バーガーが口コミで人気を広げている。表メニューで最大サイズの「大馬鹿」を超える「メガ馬鹿」。同施設は「バカではなく『ウマシカバーガー』。メガはおいしさも最大級」とPRしている。

 馬鹿バーガーは2017年に販売開始。現在、鹿肉は主に長野市中条の市ジビエ加工センターから、馬肉は県内外から仕入れている。基本サイズは、肉の量が150グラムの大、80グラムの標準と小(トマトとマヨネーズなし)。パンや具材のトマト、タマネギは地元産にこだわっている。

 標準サイズが1個税込み600円に対し、メガは同4500円。要予約で月2、3個注文がある。5日には上田市の自営業牧野彩未さん(31)が長女(5)の誕生日に2個購入。「昨年も1個買ったが足りなかった。ぺろりと食べちゃう」と話していた。

 裏メニューには、サイズ小より小さい「ナノ馬鹿」(要予約)も。全バーガーの売り上げの一部は草刈りなどの地域活動の資金に充てている。担当の石井芙美香さん(28)は「駆除された鹿肉をおいしく有効活用していきたい」としている。

重さ1キロ以上の「メガ馬鹿」。(右から)二つセットの「ナノ馬鹿」と標準サイズの馬鹿バーガー

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会