歴史をつなぐ・中信の「100年企業」② 安売りせず 付加価値追求 松本ホテル花月(松本市)

長野県 経済 主要 歴史をつなぐ・中信の「100年企業」
twitter facebook

モダンな雰囲気の空間に落ち着いた色合いの机や椅子、棚が並ぶ。

(残り:1478文字/全文:1508文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

松本民芸家具をそろえたロビーで語る松岡社長=松本市大手4の松本ホテル花月
明治時代末期の松本ホテル花月(左)=松本ホテル花月提供
1887(明治20)年に松本市大手4の現在地で創業。松本城の観光客やビジネス客らを受け入れ、増改築を重ねて施設の規模を拡大した。現在、7階建ての本館と5階建ての別館があり、客室は計89室(最大収容人数204人)。従業員数約60人。

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要 歴史をつなぐ・中信の「100年企業」