信州・勝久監督、補強に手応え 千曲で今季の結果報告

長野県 スポーツ バスケ
twitter facebook

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)信州ブレイブウォリアーズの勝久マイケル監督は9日、千曲市の小川修一市長を訪ね、B1昇格1年目の最多勝利記録を更新する20勝34敗で西地区7位だった今季の結果を報告した。小川市長から「来季もしっかりと応援したい」と支援を約束され、勝久監督は「今季学んだことを生かしていきたい」と語った。

 信州は9日までに新加入3選手の獲得を発表。会談後、取材に応じた勝久監督は「ここまでは順調」と、補強に手応えを口にした。2018~19年に新人賞に輝いた22歳の岡田侑大(B1富山)を筆頭に、前田怜緒(B1滋賀)は23歳、熊谷航(B1三河)も25歳と、いずれも若手有望株。勝久監督は「打開力のある選手を獲得できた。ポテンシャルも秘めているので、チームと一緒に成長してほしい」と期待した。「ラストピースを獲得し、良い形でフィニッシュしたい」と話し、さらなる補強も示唆した。

小川市長に今季の結果について報告した信州・勝久監督

レコメンドニュース

関連記事

長野県 スポーツ バスケ