奥山の大木 「神の木」に 諏訪大社上社の本宮・前宮の「本見立て」

長野県 社会 主要 御柱祭
twitter facebook

来年に迫った諏訪大社御柱祭に向けて、9日、八ケ岳連峰の御小屋山(茅野市)で30年ぶりに行われた上社本宮(諏訪市)、前宮(茅野市)の御柱用材を決める「本見立て」。

(残り:178文字/全文:258文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

本宮一のモミの木に祝詞を上げ、こうべを垂れる氏子たち(写真は諏訪大社提供)
前宮一の前で行われた神事
すっくと立つ本宮二のモミの木
薙鎌が打たれる前宮三
御小屋明神に拝礼する大総代ら

レコメンドニュース

関連記事

長野県 社会 主要 御柱祭