5G電波の「通り道」確保 英幸テクノが窓ガラスに張る装置開発

長野県 経済 主要
twitter facebook

情報通信関連機器開発の英幸テクノ(諏訪市)は、5G(第5世代)移動通信システムなど高周波帯の電波が建物に反射する課題の解決策として、電波の通り道を作る装置「パッシブ型ゲートウェイ」を開発した。

(残り:775文字/全文:871文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

「パッシブ型ゲートウェイ」(中央の円形)をガラスに張り付けて行った実験の様子。高周波帯の電波を通りやすくする結果が得られた

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要