エプソン 産業用ロボット関連事業を強化 EV・自動運転の需要狙う

長野県 経済 主要
twitter facebook

セイコーエプソン(諏訪市)は10日、同社の産業用ロボット関連事業を強化し、同事業の売上高を2026年3月期までに全体の5%程度に引き上げる目標を示した。

(残り:672文字/全文:748文字)

この記事は会員限定です。会員登録をしてログインするとお読みいただけます。

・無料会員:月5本まで会員限定記事を読むことができます
・プレミアム会員(有料):会員限定記事を全て読むことができます

「スカラロボットT3」シリーズの製品。重さ最大3キロの物を運ぶことができる

レコメンドニュース

関連記事

長野県 経済 主要